誰に評価されるか?

社労士という仕事をしていると

いろいろな方から「評価制度」について

聞かれます。

 

正直言うと、

あの何等級、何号棒っていうあれ、

嫌いです。というか何言っているのか

わかりません。

少々乱暴な言い方ですが

あれを導入したからと言って

会社はよくなりませんし、

人は成長しません

それより大事なのは

誰にどう評価されているか?

その評価している人のこと

信頼しているか・・・だと

個人的には思っています。

 

相手のことを信頼できていて

その人の言うことであれば

多少?耳の痛いことを言われても

納得できるし、

あ~そんなふうに自分のことを見ていて

くれていたんだ、と新たな発見もあります。

 

逆に評価する側の上司は

会社(部門)の目標と、部下の目標を

しっかり理解して、

どれだけ近づけることができるか。

部下の良くできたところはどこで

部下の目標と現状では、どんなところが

ずれているのか。

そのずれを埋めるには何が必要で

上司は何を支援してあげられるのか。

 

このあたりをしっかり押さえておく

必要があります。

褒めるだけでなく、耳の痛いことも

しっかりフィードバックするということですね。

 

私は管理職をしているわけではないので

評価は基本的にはしません。

しかし、3年ほど面倒をみている部下が

いるため、一次評価をしていました。

 

しかし、立場上、どうしてもそこに

違和感があり、上司に「評価」の

仕事をはずしてもらえるよう相談しました。

 

上司の言葉は

「確かにあなたの立場上、評価をするのは

仕事じゃない。する必要はない。

だけど彼女(←部下のこと)にとって

俺の評価よりも、そばにいるあなたが

どう思っているのか、どう評価されているのか

その方が大事なんじゃないの?」

 

う~~~ん。返す言葉がなかった。(笑)

 

結局、点数をつける項目はやらないけれど

総評やコメントはこれまで通り、

記載することになりました。

 

しっかりフィードバックします。

部下が成長しないと私の価値はありませんから・・・