男子を採用するか?女子を採用するか?

先週末、個人のFBに優秀な女子社員が

辞めてしまうことになり、

凹んでいると投稿しました。

知り合いのみなさんからは

たくさん反応していただき

本当にありがたいことです。

 

立ち直ったのか?と言われると

怪しいのですが

新卒採用が活発になっている

この時期に振返ってみようと

思いました。

 

今回、入社して4年目に入った

女子社員から退職の意向を

告げられました。

いわゆる寿退社です。

 

ここ最近の活躍ぶりが

社内でも評判だったので

今年は何をやってくれるかなと

期待をしていた矢先の出来事です。

 

実は同じようなことを

3年前にも経験しました。

その時退職した女子社員も

かなり優秀で、それまでの

会社の雰囲気をガラッと

変えてくれました。

 

彼女のような優秀な学生を

うちぐらいの会社でも

採用できるんだ・・・。

そんな評判がたち、

その後、会社説明会の実施や

新人研修の実施に関して

全社的にバックアップしてもらえる

体制が整いました。

この女子社員も入社4年目に

入るとき、やむを得ない事情で

寿退社していきました。

 

各部の部長からは

「女子社員はこういうことがあるから

先が読めない。

もう少し男子社員を採用してほしい」

という声が上がりました。

 

だから女子は・・・と

言われることがとても悔しかった

ことを覚えています。

 

しかし、彼女たちは同世代の男子の

2倍も3倍もそれ以上に活躍して

くれました。

わずか3年でしたが、濃い時間を

私たちに提供してくれました。

(だから余計にツライのですが)

 

男子だから長続きするわけでは

ありません。

男子社員の中には

自分の思っていたことができないと

目の前のことに目が向けられず

退職を考えている人がいます。

 

自分のやりたいことに

こだわっている若手は

かえって伸び悩んで、苦しんでいます。

 

活躍できるかどうかは、

目の前の仕事に素直に取り組んで

周りの人たちと、どう付き合っていくか。

その中で自分の中にたくさんのものを

吸収できる

これにつきるのです。

そこに男子、女子は関係ないのです。

 

今回、退職する女子社員から

言われました。

「○○さん(今年入社した女子社員)

いいですよね。

すごい子が入ってきたなと

思いました」

この会社で活躍できる人材の

流れは止まっていません。

優秀な女子社員は辞めてしまいますが

次の世代がいてくれます。

活躍できる「原石」

を大事に育てていきたいと思います。

 

 

最後にこの退職してしまう彼女は

海外に行ってしまうのですが

数年後に戻ってくるそうです。

「その時は、絶対戻ってきなよ!

よその会社に行ったら許さないからね」

この言葉を絞り出して

笑顔で送り出したいと思います。