勝利のためのマネジメント

サッカー日本代表が帰国して

西野監督は退任になるそうですね。

私は野球派なので、サッカーそのものは

よくわからないので、試合はほとんど

結果だけテレビで見ていました。

 

ただ、この短期間で事前の予想とは

かなり違う結果を出していた監督の

マネジメントには非常に興味があり、

監督、選手のインタビューや

ネットの中のチーム内の記事については

よく読んでいました。

 

中でも気になったのは、本田選手です。

 

私の勝手なイメージでは、

自分が前に出ないと気が済まない

俺様気質の人で、あまり好きなイメージは

持っていませんでした。

 

ところが、今回のワールドカップでは

スーパーサブに徹していて

見かけた記事では、こんなものが

 

・みんなのことが好き過ぎて・・・

・シンジ、俺は認めていたよ

・こんなに話したことはなかった

etc・・・

 

な~んだ、いい人じゃん!(笑)

 

西野監督はいったいどうやって

こういう個性の強い人たちをまとめて

いたんだろうと興味がわき、

急遽、↓の本を買って読んでみました。

 

 

ガンバ大阪時代のことを中心に

監督としてのマネジメントで

やってこられたこと、考えていたことなど

書かれていました。

 

こういう経験を経て、今回のワールドカップが

あったんだなと思いました。

 

監督に必要な能力は、

洞察力

コミュニケーション力

想像力

と書かれていました。

 

西野監督はこれらを駆使して

選手個人をしっかり観察して

現状のチームを分析して、

「いずれこういうサッカーができるだろう」

ビジョンをしっかり作っていたようです。

 

結果云々ではなく、コンセプトを浸透させながら

チームを作ろうと思っていた。

最初に監督が方向性や理想をはっきり示すのは

大事なことで、選手と共有できた時、

チームには必ず大きなうねりが生まれる

 

本田選手の記事にもありましたが、

ハリル監督の時には、こんなに話し合わなかった。

これでもかっていうくらい、

とことん話し合ったということがありました。

 

話し合ったくらいで・・・と思ってしまいますが

目指す方向を全員が納得し、それぞれが

そこに向かうために自分の役割を

全うすることで、大きなうねりがくることを

日本代表が示してくれました。

 

 

だったらなんで監督代わってしまうのか?

 

これも西野監督の本の中にありました。

 

いいチームをさらに良くすることは難しい

 

長年、一緒にやっているとつい、

言わなくても分かっているだろうと

思ってしまう。

長い間、時間を共有し

関係が密になりすぎたがゆえに、

コミュニケーションを取るという

大切な行為を無意識に省略してしまう。

 

信頼しているがゆえに

「何も言わなくてもやってくれるだろう」

と思っている自分がいた。

 

これには、ちょっと耳が痛かったです。

 

もしかしたら、今、社内(部内)は

うまくいっていると、思っている

経営者の方、もしくは管理職の方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

勝ち続けるために大事なことが

できているか見直したいですね。

 

 

日本代表は新しいメンバーで

更に高いビジョンに向かって

進まなければいけない。

そのために何が必要なのか、

西野監督自身が一番

理解されているのではないかと

思いました。

 

西野監督の本の最後に、

こんなことが書いてありました。

 

ビジョンが必要だと書いた。

ただ、それは決して

「絵に描いた餅」であってはいけない。

 

実現可能な目標を設定する。

それを目指して、毎日のトレーニングや

生活のリズムを習慣化する

その単調な繰り返しの中で

選手たちは個々に考えながら

一つ一つクオリティーを上げいていく

 

その意識が監督と選手たちで

共有さえできていれば

チームのスタイルが変化したとしても

かまわない。

気が付けば目標を達成していたということに

なっているはずだから

 

 

今回は、よくわからないサッカーから

組織づくりの大事なこと、

勝利のためのマネジメント

あらためて教えてもらいました!

 

次世代管理職のメンバーも

サッカーの話で盛り上がっていましたが

ここから、自分のマネジメントにも

活かしてほしいです。

そのことをしっかり伝えていこうと

思います。

 

 

あ~でも、やっぱりサッカーのルールは

よくわかりません・・・(笑)