任せられない上司と正解を求める部下

会社で仕事をする時って

どういうふうにやることが

多いでしょうか。

 

普通に考えると、ある仕事があって

それに対して上司が全体を見て

誰か担当を決めて、その人に

指示をするみたいな感じでしょうか。

 

通常ですとそれで回るのかなと

思います。

 

総務の仕事をしていると

どうしても通常業務以外に

1年に1回とか、何年かに1回

なんていう仕事も存在します。

 

何年かに1度というのは

会社にしてみれば

まあまあ一大イベントのような

ものです。

 

そうなると若い人材が多いと

前回やったことがあるという

経験者がいないなんて

いうこともあります。

 

次の世代へ引き継ぐために

多少、大変でもしっかり

経験してほしいですよね。

 

実は今回、私はこの罠にはまりました。

 

 

Windows7から10へ全社員のPC50台分を

一斉に入れ替えることになり

さすがに50台全部のセットアップは

気が遠くなる作業なので

業者の方にお願いしました。

 

業者の方にお願いするにしても

事前の準備がある程度必要で

その準備に何が必要で

どんなことをやれば

ミスなくスムーズにできるか

私が一人でこなすのではなく

新しい人材も担当者として

一緒にやることにしました。

 

 

準備は滞りなく進んでいったのですが

どうしても仕事に影響が出てしまうため

実際の入れ替え作業は

土日にやることになりました。

 

 

となると、誰かが土日に出てきて

業者対応をするしかないわけです。

 

自分が出るのはいいけれど

一緒に準備をやった若手に

出てきてもらうか?

(小さい子供がいるので

土日は難しいのですが)

それとも会社の近くに住んでいる

メンバーにお願いするか?

 

悩んだ末に、自分一人で

対応することにしました。

 

 

結局、当日は業者の人と

随時、話し合いながら

50台のPCの入れ替え作業を

進めていきました。

 

その中には突発的な事象も

ありましたし、

業者の人から参考になる

情報を教えてもらったり・・・

大変でしたが、本当はこういうことを

経験して初めて、

一大イベントを乗り切れるのですが

 

土日に出てくるなんて気の毒かな?

なんていう余計な感情が邪魔をして、

結局この数年に1度の

仕事は次の世代は経験しなかった

ことになります。

 

実際に経験していないので

この仕事は自分事には

なっていないのです。

 

結局、部内でもこの一大イベントは

内木さんの仕事

という雰囲気になってしまい

誰にも引き継げなかったわけです。

 

準備を担当してもらった部下も

結局、

 

次にやることのやり方を

教えてください

 

 

としか聞いてきませんでした。

 

正しくミスなく進めるには

自分で考えるのではなく

上から言われた通りに間違いなく

実施する。

 

ある意味正しいのですが、

やり方だけしか経験していないので

 

なんのために、この仕事があって

どうなるのが目指すゴールなのか?

 

これがわからないまま

終わってしまいました。

 

本当は事前に、この

 

「なんのために」

 

「目指すべきゴール」

 

しっかり部下と共有しておく

べきでした。

 

 

今回の目的とゴールは

社員の仕事に影響なく

正しくスムーズに新しいPCへ

移行できるようにすることでした。

 

そのことは伝えたつもりでしたが

それじゃ、何をすればいいのか?

どうやってやればいいのか?

 

今思うと、全部聞かれていて

全部答えていたように思います。

 

特に一般事務を普段からやっている

若手からすると、

自分から考えるのではなく

正しいやり方は何か?

 

 

やり方が重要だったのでしょうね。

 

正しいやり方をその通り

やっていれば、

言われたことをやっているわけですから

本人は指示にしたがっているだけ。

 

何かあっても

 

私は悪くない!

 

きっと多分、こういう気持ちだった

のかなと思うと、

 

任せられなかった自分に

腹も立つし、必要以上に

疲れました・・・・

 

 

人が成長する上で、よく言われるのが

コンフォートゾーンの仕事だけではなく

ストレッチゾーンの仕事をさせることが

重要だということです。

 

 

できるとわかっていることだけでなく

少し背伸びしてがんばったら

届きそうなところを経験させて

成功体験を積ませるということ

ですよね。

これを見極めて部下に仕事を

ふっていくことが大切です。

 

そういう意味では

何も残っていない

 

 

あ~次にこの仕事やるとき、

どうするんだろう!

 

今回はほぼ自虐ネタでした(笑)