【代表ごあいさつ】

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

代表の内木(ないき)と申します。

企業が存続するためには利益の確保が重要ですが、近年は利益を確保するための「人」が確保できないために、倒産が相次いでいると言われています。

私は20年以上、中小企業で人事総務の仕事に携わってきましたが、「人」のプロになりたいと思い社会保険労務士の資格を取得しました。

しかし、資格を取ってみて感じたのは、資格だけでは企業に存在する「人」の問題は解決できないということです。

数を集めるのではなく、その会社で本当に活躍できる人材だけを採用し育成し、定着させることができなければ会社を続けていくことは難しくなるでしょう。それは企業規模には関係ありません。

その会社の大事していること、目指している方向性をしっかり伝え、仕事を楽しめる環境を提供していくことが必要だと考えています。

そして、採用した人材をしっかりと育成して組織の力に成長してもらうことが必要です。

働き方改革に代表されるように、これまでの常識が通用しない時代になってきました。

多様な人材を受け入れ、個人個人の強みを活かした人材活用と育成を行い、社員がこの会社で仕事ができて良かったと思える組織づくりが必要です。

 

私は「仕事の本当の面白さ」を、仕事の厳しさとそこに逃げずに仲間と挑戦する楽しさと定義しています。

仕事の本当の面白さを味わうことで、

・人とのつながり

・成長

・自分の存在価値

この3つを感じてもらえると考えています。

これらを感じられる環境をどうやって作ったらいいのか、現場を知っている社労士として企業のみなさまのサポートをしていきたいと考えています。

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら