面接時のNGワード

面接を受けると、最後に

「何か質問はありますか?」とか

聞かれますね。

例えば残業やお給料はどうなっているかとか

有給は取れるのかとか聞いたりすると

やる気がないと思われてNGなんて

昔は言われていたように思うのですが

今はどうなんでしょうか。

 

新卒の面接なんかしていますが

あまりこの手の質問を聞いたことが

ありません。

 

しかし、こういうことは働く上で大事な

ことですから、

むしろ聞いた方がいいのではないかと

思っています。

 

逆にこれにきちんと答えらえない

会社は根本的に働きやすい組織とは

言えませんから、改める必要が

あると思っています。

 

今日はそういう話ではなく

面接をする側のNGワード

です。

 

候補者がこれを言ったらNGという

明確な言葉ではなくて

候補者が話す言葉の一言一言に

敏感に反応する感覚が必要では

ないかと考えています。

 

 

採用活動する上で、

欲しい人材像を明確にする

ということは非常に大事なことです。

 

ただ、欲しい人材と言っても

優秀な人

即戦力

なんていう言葉をよく聞きますが

そんな都合のいい人は世の中に

ころがっているわけではありません。

(そんな人は会社が離しませんから)

 

そういう時、私がお勧めするのは

絶対NGな人の共有

です。

基本的には社内で育てることを前提に

それでもこういう人は絶対ダメという

基準を社内で言語化して共有してください

とお話しします。

 

NGの基準はその会社ごとに

過去の経験や、現在のビジネス

今後の展望を考えて様々だと思います。

ですからどれが正解というのは

ありません。

その会社で作ればよいのです。

 

 

先日、総務経理の女性の方の面接を

一人で行いました。

総務と言うと、会社の雑用係りとか

引き受けるところがない仕事は

全部総務の仕事とか

特に女性の場合は、言われたことを

やっていればいいというイメージを

強く持っている方が多いようです。

 

しかし、総務というのは

会社の土台です。

総務の雰囲気が会社全体の雰囲気を

作ってしまいます。

総務が積極的に社内に発信し

社内のコミュニケーションが

活発になれば、その会社の

生産性は格段にあがっていきます。

(話し合う土壌ができます)

 

先日面接した方は、履歴書から

判断するとそれほど能力的に

優れているというわけではなく

平凡な感じの可もなく不可も

なくという感じでした。

 

しかしお会いして話してみると

落ち着いた雰囲気で、物腰の

やわらかい印象でした。

 

面接しながら・・・

悪くはないなぁ・・・

二次面接あげてもいいかな・・・と

思っていました。

 

私:○○さんがこれまでやったことがない

もしくはわからない仕事がもし

目の前にあったらどうしますか?

面接に来た方:必要ならばやります。

 

うん???

 

特に変な受け答えではないと

思いますが、私はここに

違和感を覚えてしまいました。

 

今回は現時点で能力はなくても

新しいことにチャレンジするとか

挑戦してみるとか、周りを巻き込んで

いけるような人材を求めていたので

指示待ちや、わからないことは

自分の仕事とは思わない人は

NGだったのです。

 

わからなければ自分でまずは調べてみる

周りの人に経験や過去の事例から

何か参考になることはないか聞いてみる

 

もっと単純に、

チャレンジしてみたいです!

 

こんな言葉を期待していたのかも

しれません(笑)

 

この話を上席の方にお話ししたところ

 

うん!わかるわかる!

必要ならば・・・は違うよね。

と言っていただきました。

 

今回のNGワード

必要ならば・・・でした。

 

こんなふうにNGな人が発する

一瞬の言葉に敏感に反応することが

採用の面接をする方には

必要だと思います。

 

そしてそれは一人よがりではなく

しっかり社内で共有できている会社は

間違いなく

欲しい人材

が採用できるのです。