期待するのはいいけれど・・・

10月から新任MG研修を始めました。

 

これはこの4月新たに管理職になった

若手MGたちを対象にした社内研修で

人(部下)との接し方についてと

このメンバー間の関係性を強化する

ためにチームビルディングを

ベースに企画したものです。

 

先日、その2回目を行ったのですが

あるメンバーから「愚痴りたい!」

という要望が出ていたため

急遽予定を変更して、

現時点での悩みなどを話す回と

しました。

 

 

それぞれが預かっている部門の

状況が違うため、お互いの悩みを

違う視点で意見を言い合ったり

それを素直に聞いてみたり・・・

 

こちらが誘導するまでもなく

いろいろな話が飛び交っていました。

 

その中でメンバー全員が

求められている役割が

わからん!!

ということでした。

 

ん????

求められているのは部長としての

役割だよね?

どういうこと?

 

 

 

彼らの話では、

何を求められているのか

わからないということでした。

 

 

 

経常いくら・・・だけは示されているけど

それ以上ない。

社長や取締役は気になる時は

なんかいろいろ言ってくるけど

実際何かやってくれるわけでは

なくて、いつもぼやっとしたこと

言ってなんとなく終わってる。

 

経営計画が示されてないし、

自分たちで考えてやっているけど

本当にこれでいいのかわからない。

 

例えばこれくらいの経費の中で

これくらい製品を作れ、とか

示してくれたら

必死にやるんだけど・・・

 

ここまで来て、彼らがどういう

状態なのかわかりました。

 

 

この話を社長、取締役にしたところ

 

??????????

役割って何?

まだそんなこと言ってるの?

経営の視点を持った部長に

なってほしいって

ずっと話していたし、

彼らもわかってくれてたと

思うんだけど・・・

 

 

あ~~~やっぱりそこですか

という感じでした(笑)

 

 

 

若手MGたちも「経営の視点」を

期待されているのはわかっているのです。

 

でも、彼らはこの春まで部門の

TOPプレーヤーであったため

経営計画がどういうふうに

作られるのか知らなかったのです。

 

 

研修も同じですが、

「知らない」ことが何もしないで

「できる」にはならないのです。

 

当たり前ですが、

できるようになるためには

ステップを踏む必要があります。

 

人の成長に「期待」は大事ですが
期待しただけでは「できる」
ようにはならないのです。

 

 

実際に、社長も取締役も若手MGたちは

それぞれ優秀であったため

期待することだけはよく伝えていましたが

そこから先の状態は見えていなかった

ようです。

 

 

上の人は一緒になって何かやる

ということは必要ないかもしれませんが

期待をかけた相手が

どういう状態にいるかは

どんな立場でもしっかり見ておいて

ほしいです。

 

期待した状態になれるように

場を提供してあげるのは

上の人の役目ではないかと

思います。

 

 

これは若手MGにも理解して

ほしい視点です。

 

 

ちなみに、この後

毎週行われている部長会議で

月に1回は「経営戦略」を検討する回を

設けることになったそうです。

 

若手MGたちは、ベテラン部長さんたちに

わからないので色々教えてください!と

意気込んでいたそうです(笑)

 

 

彼らの成長に期待したいと思います。