この会社のどこがいいですか?

GWに入りましたが、なんだか

やっと一息ついたような気がします。

 

10連休なので少しくらいは

仕事のことを忘れようと

日帰り旅行だけはしてきました。

到着するまでに時間はかかるし

人は多いしで、レジャーも

楽ではないですね(笑)

(でも、行ってよかったです)

 

 

話は変わりますが、連休前に

新卒採用の一次面接をやっていました。

(まだ終わっていないのですが)

 

大手就職サイトに掲載して

集客して会社説明会を開いて

そこから応募してもらう。

 

まあ、王道のやり方です。

 

大手就職サイトの営業マンとも

話しましたが、

やはりこれからエントリーが

増えることはあまり考えられない

とのことで、

 

勝負はもう決まっているのかな??

 

と、テンション低めですが

それでも説明会には人は来ますし

今回はドタキャンもありません

でした。

 

 

そこから応募してきてくれた

学生の面接での一コマ・・・

 

 

志望動機などはあまり聞かずに

どんな学生生活を送ってきたのか、

会社、仕事に対してどんな

イメージをもっているか?

これからの夢などを聞いています。

 

 

そんな中で、この人と仕事を

一緒にしたいなと思う学生を

見極めていくわけです。

 

 

根拠があるわけではなく

どちらかというと

感覚」でやっています。

 

 

学生によく言っていることは

「結婚と同じ」

この人と一緒にやっていけるか

お互いに見極める場所です。

と・・・

 

 

ですから学生からの質問も

NG質問一切なしです。

 

 

辞めていく人はどんな理由で

辞めているのか?

なんて話しづらい内容もありますが

誠実に答えています。

 

 

そんな中である学生から

 

主観で構いませんので・・・

この会社のいいところは

どんなところですか?

 

一瞬、「うっ」と詰まって

しまいました。

 

 

中小企業ですから、大手企業と比べて

福利厚生や待遇面では見劣りする

ことがほとんどです。

 

 

人の良さは、説明会やその後の

社内行事に招待したことで

感じてくれたようですので

説明する必要はありません。

 

 

美辞麗句を並べても、

相手(学生)には少しも響きません。

 

 

採用担当者(会社の代表)として

ではなくて、

一人の一社会人の先輩として

この会社のいいと思うことを

知りたいということでした。

 

そりゃあそうですよね。

 

面接官が本当の意味で

その会社の良いところを

話せないようなら、

誰もそんな会社に

来ようなんて思いませんね。

 

 

今まで考えをまとめていた

ことがなかったのですが

その場で、一生懸命答えました。

 

 

これまで色々なことを経験して

きましたが、

しんどいこともたくさんあります。

でもここまでやってきたのには

何が理由があるはず。

 

それを思い出しながら

話をしました。

 

学生の眼があまりにも

キラキラしすぎていて(笑)

こんな話でいいのかとも

思いましたが

 

こちらのつたない話を真剣に

聞いてくれました。

 

 

いいと思っていることは

個人によっても違いはあるわけで

 

その内容が学生にとって

どうだということではなく、

 

その会社で働いている人間が

自分の会社の良いところを

相手に伝えられない会社であれば

その会社は魅力的に映らないという

ことです。

 

中小企業の場合、ブランド力は

ありません。

 

ブランド力のない会社が

何をアピールするのか?

それは案外、働いている人の中に

あるのかなと思います。

 

 

アピールする内容に迷った時は

何年も働いている社員に

 

なぜここで働いているの?

この会社のいいと思うことろはどこ?

 

ちょっと聞いてみてはどうでしょうか。

 

 

面接対策用に、自分だけではなく

他の人に聞いてみようかなと

思った一週間でした。