人の採用にはやっぱりビジョンと信頼

6月も終わりになり、先日今年の

新卒採用活動が終わりました。

 

率直な感想としては

やっぱり厳しかった~

の一言です。

 

最近のトレンドは就活の前年に

インターンシップで人を集めて

次の年で決定するという流れに

なっているため、

インターンシップ活動をやらずに

今年の3月からスタートしたので

厳しいですよ・・・と

大手のナビサイトの営業マンには

言われていました。

 

まあ悔しいですが、その通りで

エントリー数はここ数年落ち込んで

いましたが、さらに前回より

2割くらい減ったと思います。

 

後半、大手の選考に上手くいかなかった

学生のエントリーを期待しましたが

それほど伸びてはきませんでした。

 

時代とともに中小企業の採用は

厳しいのだと思いました。

 

とは言うものの、全く採用

できなかったわけではなく

大卒、院卒合計で4名の採用が

できました。

 

その中でも採用が難しいと言われていた

薬剤師の卵も2名採用することが

できたので、まあ合格点と言っても

いいのかなと自分を慰めています。(笑)

 

途中はいろいろなドラマ?があり

喜んだり落ち込んだり、

忙しい4ヶ月でした。

 

採用の手法自体は今はいろいろな

ものがあり、ついて行くのに

(ついていけてないかも?)

必死です。

 

いろいろな手法が出回っていますが

どれをやったら採用できるという

ものはないと考えています。

 

どんな方法を取るにしても

抑えておかないといけないのは

 

会社がどんな方向に進もうと

しているのか?

 

何を大事にしているのか?

 

中で働いている人はどんな人で

どんなことを考えているのか?

 

 

これをしっかりアピールできないと

何をやっても採用は難しいと

思います。

 

逆に言えば、これを抑えておけば

ある程度は採用できるということです。

 

 

今回、80人ちょっとのエントリーから

4名を採用できたのは、

 

 

これらをしっかり説明会等で

アピールできたことと

面接にはしっかり時間を取り

NG質問一切なしというポリシーを

貫いたからだと思っています。

 

 

最近インターネットで見かけましたが

この人がいるから入社するは

危険」というものを見かけました。

 

 

確かに書いてあることは

なるほどなと思わせる記事でしたが

 

そうは言っても、仲間になる

人を探すわけですから

 

信頼

 

をはずすことはできないのでは

ないかと思います。

 

 

なぜか最近中途採用も好調なのですが

こんな方がいました。

 

転職を何度か繰り返している

ようなのですが、

どの会社も問題があり

 

残業代が払われない

社会保険代を天引きされていたのに

加入していなかった

危険な場所で仕事をするのに

安全対策がなされていなかった。

会社にそれを進言すると

対応できないと言われた・・・

 

 

などなど、そんな会社が

本当に存在するんだと逆に

関心してしまいましたが

 

 

この人はそんなことの繰り返しで

もう会社そのものを信頼できなく

なってしまったようです。

 

 

結局、この人に内定を出すことに

なったのですが、返ってきた答えが

 

「内定は受諾します。

でも入社前に就業規則を

確認させてください」

 

ということを言われました。

 

え~何それ~という感じだったのですが

まあ、彼の経歴からするとそう思うのは

仕方ないので、対応してあげて

ということになりました。

 

 

疑心暗鬼のまま入社するのでは

お互いに不幸ですからね。

 

また同じことの繰り返しに

なってしまうでしょう。

 

ここで負の連鎖を断ち切って

あげたいところです。

 

 

やはり人の採用には

 

信頼

 

は欠かせないなと思った

一週間でした。

 

 

8月には内定者4名を社内行事に

招待して大交流会を開催する

予定です!

しっかりここで会社のファンに

なってもらおうと思います。