パワハラ?それともビジョン?

最近は吉本興業の「パワハラ?問題」が

色々なところで報道されていますね。

報道されている通りだとすれば

まあ、あれはアウトかなと思いました。

 

また、あるお客様のところで

上司の指示をなんでもかんでも

パワハラと言い出す。

パワハラって本来何を意味しているのか

社員に教育してほしい

 

というご依頼をいただきました。

 

パワハラはこれまで表面化して

こなかったことが、

世間で騒がれるようになって、

法令でも対策が義務化されて

きたことは悪いことではないと

思いますが・・・

 

認知されればされるほど、

自分勝手に解釈されることが

多くなるのだと思いました。

 

ハラスメントの怖いところは

言っている方は無意識ということです。

 

自分が当たり前と思っていても

相手がどう感じるかは別の話です

 

 

相手が嫌だと感じたら

「ハラスメント」と言われるわけです。

 

あらためて

自分のことに置き換えてみると

最近入社してきた後輩社員が

2名います。

 

タイプがまったく違っていて

一方が相手のことを嫌っているような

態度をしています。

(私以外の人もそう見えるようです)

 

まだ、それほど関わりもなく

日が浅いのですが、なぜそういう

態度を取っているのか

いまのところ謎です。

(予想はしていますが)

 

この謎の態度を取っている社員とは

近々個別面談をする予定なのですが

ここで私がやってはいけないことは

 

「○○さんに対して、露骨に嫌な

顔をしているけど、それはよくない。

部門のチームワークを乱す行為だから

やめなさい!」

 

と、頭ごなしに言うことです。

 

どうするの??と言いたくなりますが

ここで登場するのが、

 

会社のビジョン

部門目標

 

です。

 

会社には進もうとしている方向があり

それに沿って、各部門の役割が

あるはずです。

 

この会社のビジョンと部門目標を

しっかり社員の方に伝えていないと

いけません。

 

 

理想的にはこのビジョンと目標に

社員の方が「共感」している

状態です。

 

そこまでいかなくても、まずは

伝えることから始めましょう

 

そうすると何が起こるか?

 

先ほどの事例では、私は

こういうふうに言います。

 

「部門目標は××ということは

話していると思うけど、

あなたの最近の○○さんに対する

行動は、この目標にたどり着ける

と思いますか?

私はこのままでいくと目標の

方向とは随分ずれてしまうように

見えるのだけど、あなたは

どう考えていますか?」

 

これが本当に正解かどうかは

わかりませんが、

 

要するに、判断の基軸

個人の価値観に置かないで

会社のビジョンや部門目標

置くということです。

 

個々の行動が、このビジョンや

目標から離れていれば、

それは上司や先輩はきちんと

相手にフィードバッグをする

必要があります。

 

やり方はそれぞれに違っても

向かう方向は同じ方向を

向いていないと、組織としての

成果は上がらないからです。

 

なかなかビジョンを理解して

もらうのは難しいことですが

まずはきちんと

 

伝える

 

これが大事なのではないでしょうか。

 

この軸をまずは伝えて、外れそうに

なったらきちんとフィードバッグする。

 

そういうことを繰り返していくうちに

部下はビジョンや目標の意味を

理解し、共感してくれるのではないかと

思っています。

 

社員がビジョンや目標に共感して

いる状態が整えば、

社員が自分で考えて

正しい行動ができるようになります。

 

そうなった時に組織としての

成果が出るのだと考えています。